FC2ブログ

2ちゃんねる薬板のまとめ

2ちゃんねるの薬・違法板をまとめます!

「健康診断で薬物検査!?」では会社や学校での薬物検査について書きましたが、
病院の尿検査などでクスリがばれることはないのでしょうか…?

病院での尿検査は会社などと同じく、基本的に薬物検査を含みません。
費用もかかりますし、そんな断りもなしに検査されても困りますしね。

ただし、だからといって安心していいわけではないのです。
病院では、明らかに挙動不審だったりした場合、勝手に薬物検査する医者もいるらしいのです…。
blogランキング 「でもそれでも医師の守秘義務があるんだから通報はできないはず!」

そうです。医師には患者の情報を外部に漏らさないようにする義務が課されています。
そう、課されているんですが…これがヤク中に限っては適用されないようなんですね…。

実際、勝手に薬物検査して通報した医師の正当性を認めた判例が出てるんです。
まあ詳しくは下の参考文を見てください。

ただ一般的に言って、このようなケースはかなり稀です。
薬物を投与された可能性があるから調べてくれ、というんでなければ、ほぼ100%薬物検査をされることはないでしょう。
そもそも、薬物検査をしてそれがイリーガルな薬物であると確定できるほどの環境をそろえている病院などかなり限られています。
少なくとも、個人病院で薬物検査ができるような環境を整えているところはないでしょう。
簡易検査キットがあればわかりませんが…、それでも通報の義務が発生し、金もかかる薬物検査を積極的にやるような殊勝な医師はそういません。

ということで、
 ①大病院には行かないようにすること。
 ②行かざるをえないときはくれぐれも挙動不審な動きをしないこと。

これだけ守っていれば大丈夫でしょうね。

それから、2ちゃんでは
>関東圏内ならば覚醒剤中毒患者の対応が出来る都立松沢病院がお勧め。
というレスがありました。

参考

判例:覚醒剤反応、医師の通報「正当」 「守秘義務に反せず」最高裁が初の判断
医師が患者の尿検査をして覚せい剤の反応が出た場合、警察に通報することは守秘義務違反にあたるかどうかについて、最高裁第一小法廷(横尾和子裁判長)は「必要な治療や検査で違法な薬物を検出した場合、捜査機関への通報は正当な行為で守秘義務に違反しない」との初判断を示した。通報をきっかけに覚せい剤取締法違反の罪に問われ、無罪を主張した女性被告(26)=一、二審で懲役2年の実刑判決=の上告を棄却する決定をした。
19日付の決定によると、被告は03年4月、知人と口論の末、腰に刺し傷を負って東京都内の病院に運ばれた。医師は治療の必要から尿を採取。被告が興奮状態にあったため薬物使用についても検査したところ、覚せい剤反応が出た。面会に来た被告の両親に告げたうえで、警察に通報した。
平成17年7月19日最高裁判決

刑法第134条
医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

麻薬及び向精神薬取締法第58条2
医師は、診察の結果受診者が麻薬中毒者であると診断したときは、すみやかに、その者の氏名、住所、年齢、性別その他厚生労働省令で定める事項をその者の居住地の都道府県知事に届け出なければならない。
(麻薬及び向精神薬取締法第58条2は覚醒剤には関係ありません。覚醒剤は覚せい剤取締法に規定されてるので。)


スポンサーサイト



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmatome.blog96.fc2.com/tb.php/84-b26eb1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オススメ
やる気スイッチ


blogランキング

↑押すとやる気がでますw

お気に入りに追加

RSSフィード
リンク

当サイトはリンクフリーです。↓のタグをあなたのHPにコピペするだけでリンクできます。